DEPARTMENT OF ENGLISH AND CONTEMPORARY SOCIETY 現代国際学部 現代英語学科

世界共通語となっている英語を現代社会で起きている事象と融合させて学ぶ。

現代英語学科の教育コンセプトは、現代社会において最も必要とされる「グローバルに物事を考える力」を、英語を究めるなかで深めることにあります。そこで、英語力向上に必要な4つのスキル「聞く」「話す」「読む」「書く」の徹底習得を英語教育のベースに置き、その習得の過程で「考える力」の素となる、分析的・反省的思考力=クリティカル・シンキングを身につけていきます。そして、その力の獲得は、舞い戻って英語の力、ひいては母語である日本語の力を伸ばすこととなり、それらすべての力は職業を問わず活用できる社会人基礎力であると考えています。

英語で考える力を武器に、グローバル化社会の最前線で活躍できる人材の育成。

クリティカル・シンキングを基礎として、グローバルに物事を考える力を身につけるためには、考えるための基軸として確固たる視点を設けなければなりません。現代英語学科では「日本を知って世界を知る、世界を知って日本を知る」の理念のもと、その基軸を私たちが暮らす日本の現代社会に設定。「国際関係・環境・テクノロジー」「メディア・言語・翻訳」「文化・思想・芸術」「教育・心理・社会」の4分野の学びを通して、日本ひいては世界を知り、その分野の英語を広く学習していきます。つまり、現代社会で起きているさまざまな事象と英語を融合させて学ぶことが、高度な英語力や現代社会に柔軟に対応できる創造的な対話力=クリエイティブ・コミュニケーション力の習得につながり、さらにはグローバルに物事を考える力の獲得につながっていくと考えています。これらの教育によって、航空・旅行・ホテル業界のほか、グローバル企業、国際機関などで活躍できるグローバル人材を育成します。

学びの特色

教育概念図

詳しく見る

徹底したキャリア教育を軸に、将来に向けた専門教育を行う

「聞く」「話す」「読む」「書く」という英語力向上に必要なスキルを徹底習得

現代英語学科では、「聞く」「話す」「読む」「書く」という英語力向上に必要な4つのスキルを早期に習得し、高度な英語力を身につけるための、土台となる基礎的な英語力を固めます。なかでも「読む」「書く」を徹底的に強化することで低年次に基礎固めをし、3・4年次の専門分野の研究へとつなげます。また、留学先の大学で専門科目の授業を受ける素地になります。

続きを読む

「通訳」プログラムを通じて、単なる言葉の置き換えではなく、その背景を踏まえた実践的なコミュニケーション力を磨く

司法通訳や医療通訳の第一線で活躍する教員を中心に、「通訳」に関するプログラムを展開。大学ではめずらしい外国人教員と日本人教員によるペアティーチングやBBCニュースの聞き取りなどを行い、現役の通訳者数人を講師に迎える「通訳法クラス」や、全国外大連合の連携事業で、東京外大や大阪大学などの学生も多数参加する「学生通訳コンテスト」を実施しています。「通訳」を通して、語学力だけでなく実践的なコミュニケーション力を磨くことができるため、通訳法クラスを経て、学生通訳コンテストで優勝し、現在現役の通訳をしている卒業生もいます。

続きを読む

思考力や判断力、英語運用能力を磨きながら、就職へ直結する知識や経験を積んでいく。

教育手法として「通訳・翻訳」を取り入れていることが現代英語学科の特長ですが、実はその点も「キャリア教育」につながります。言語を他言語へ置き換える際には、入手した情報の論点を要約する必要があり、当然、思考力や判断力を鍛えることができます。他人の言っていることを解釈して伝えるには、考えること、判断することが欠かせません。つまり、高度な英語運用能力の習得に加え、社会で役立つ知識の習得も期待できます。たとえ通訳・翻訳の道に進まなくても、判断すること・伝えることなどはビジネスの世界で必ず求められる能力であり、とても価値のある教育手法だと言えます。その他、キャリア教育として、1年次から将来のキャリアや職業を意識させる教育プログラムを開始。就職へ直結する知識や経験を、高度な英語力と同時に備えさせていきます。

続きを読む

news

「希望者全員海外研修」を実施!!

現代英語交流プロジェクト「QUEST」は、1年次に希望者全員が8月の約1ヵ月間、アイルランドにて語学研修を行うというもの。現地で本格的な英語を学んだり、日本の文化を発信(プレゼンテーション)する経験を積めるだけでなく、大学生活の早い段階での海外経験が学生たちの英語への学習意欲を高めます。

  • TOEFL®の取得スコアにより、実費相当額が支援されます。

  • 留学先 アイルランド
    期 間 1年次の約1ヵ月間(8月)
「希望者全員海外研修」
のポイント

早い段階(1年次)で次の留学への意識が高まる

教員と学生の距離が縮まる

ホームステイを通じて、EUや南米諸国から来ている学生との交流を経験

※内容は2016年度のものであり、2018年度以降に変更の場合があります。

PROGRAM 現代英語学科のキャリアを意識した「現代国際学部共通プログラム」

  • “キャリア教育”の根幹となるキャリアデザイン科目
  • 各界のスペシャリストから国際社会の現実を学ぶ現代国際学特殊講義
  • 航空業界との連携授業エアライン・ホスピタリティ科目
  • 海外で学ぶ、働く、暮らすを経験する中期留学(インターンシップ留学)
  • 世界のホスピタリティを直に学び、就職につなげるUCR特別留学

PROGRAM 現代英語学科のその他の「現代国際学部共通プログラム」

  • 学生3人と外国人教員1人で行うALL ENGLISHの“超”少人数授業「PUT(パワーアップチュートリアル)」
  • 英語を基盤言語とするための「英語基幹プログラム[CELP(ケルプ)]」
  • 外国人留学生とともに学び、グローバルな視点を養う英語開講授業「ジャパンスタディーズ」
  • 欧米・アジア諸国の代表言語から12言語をラインナップ。複数言語の使い手をめざす「複言語プログラム[PLP]」
  • 就職・留学に必須のTOEIC®・TOEFL®・IELTSのスコアアップを支援する「TOEIC & TOEFL Study Support[TTSS]」
  • グローバル人材に欠かせない世界のさまざまな現状・現象・事実についての知識と教養を深める「世界教養プログラム[WLAP]」
  • 国際感覚豊かな教員として、活躍できる人材を育成する「教職課程」

STUDY ABROAD 国際ビジネス学科学科の「留学」

  • 高度な語学力を身につけ、専門分野をじっくり学び、将来へ結びつける長期留学
  • 世界最高水準の”ホスピタリティ”を学び、将来のキャリアに直結できるUCR特別留学
  • 海外で学ぶ、働く、生活する実践的な語学力を身につける3ヵ月間 中期留学 (インターンシップ留学)
  • 春期・夏期休暇を利用して実施する約1ヵ月間・2ヵ月間の集中コース海外研修

LICENSE & EXAMINATION 取得できる資格

教育職員免許状
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状「英語」
  • 小学校教諭二種免許状
  • 高等学校教諭一種免許状「商業」
学科の学びが活かせる資格、目標とする資格
  • 実用英語技能検定(1級・準1級)
  • TOEIC®
  • TOEFL®
  • IELTS
  • 国連英検
  • 日商ビジネス英語検定試験
  • 実用フランス語技能検定
  • TCF
  • DELF
  • TEF
  • 中国語検定
  • HSK
  • BCT
  • ドイツ語技能検定試験
  • スペイン語技能検定
  • 実用イタリア語技能検定
  • ロシア語能力検定
  • ハングル能力検定試験
  • 韓国語能力試験
  • 通関士
  • 貿易実務検定
  • 総合(国内)旅行業務取扱管理者
  • 総合(国内)旅程管理主任者(ツアーコンダクター)
  • 国内・海外旅行地理検定
  • 観光英語検定試験
  • 通訳案内士
  • 翻訳技能認定試験
  • JTA公認翻訳専門職資格試験
  • 販売士検定
  • 秘書技能検定
  • 日商簿記検定
  • 簿記能力検定試験
  • 基本情報技術者試験
  • ITパスポート試験
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト
  • 外務省専門職員
  • 国家公務員
  • 地方公務員 など

受験生サイトTOPへ

受験生サイトTOPへ

pagetopへ