グローバル社会に高度職業人の育成をキャリアの現代国際学部 SCHOOL OF CONTEMPORARY INTERNATIONAL STUDIES

職業観の形成を意識した「キャリア教育」を推進。国際感覚に優れたグローバル人材の育成へ。

日本企業の事業展開は、今や世界中に広がり、ビジネスや経済における国境という概念は、インターネットをはじめとした情報ネットワークの進歩、物流システムの発達、また、メーカー企業の海外生産拠点増などにより、薄れ始めています。また、外資系企業が、日本でのビジネスを積極展開しているという事実も、ビジネスや経済における国境という概念を薄れさせている要因のひとつです。このような状況において求められているのは、国際感覚に優れた人材、いわゆる「グローバル人材」。ここでいうグローバル人材とは、「英語が話せる」という意味だけでなく、高度な英語運用能力に加え、世界情勢や各国の関係性、文化や商習慣などの知識を幅広く持ち、「考える力」や「課題を発見し、問題を解決する力」を習得している人材を指します。現代国際学部では、そのような社会背景を踏まえたうえでの人材育成から「世界共通語としての英語」を基盤に、職業分野に直結する能力を持った人材を育成する、「キャリア教育」を推進していきます。

SCHOOL OF CONTEMPORARY INTERNATIONAL STUDIES キャリアを意識した現代国際学部の学び

1.“キャリア教育”の根幹となる「キャリアデザイン科目」

学生の生涯キャリア形成を重視した学部として「職業分野に直結する能力を持った人材の育成」をテーマに、「キャリア教育」を学部の根幹に位置づけています。具体的には、1〜4年次に学部として「キャリアデザイン科目」を設置。さまざまな学びを通して、大学生活の早い段階から「職業」を意識し、長期のキャリア形成を踏まえた学生生活が送れるような教育を行います。

2.各界のスペシャリストから国際社会の現実を学ぶ「現代国際学特殊講義」

毎回各界のスペシャリストを講師に迎えて行うオムニバス形式の講義「現代国際学特殊講義」。国際的な視野を広げ、実社会で活躍するための意識づくりとヒントを得ることを目的としています。そのため、講師は世界各国の大使をはじめ、外資系のホテルの支配人や海外特派員、映画監督、画家、企業の取締役経験者、歌舞伎俳優などいずれも日本のみならず世界で活躍する第一人者ばかり。臨場感あふれる講義は、対象学年別に教養系・ビジネス系・国際関係系などをテーマに展開されます。第一線で活躍する人材から現場の生の声を聞く貴重な機会であり、専門分野で努力し続ける姿勢の大切さや成功へのプロセスを学びます。

4.海外で学ぶ、働く、暮らすを経験する「中期留学(インターンシップ留学)」

英語圏の大学でビジネス英語を学んだうえで、現地企業や教育機関でのインターンシップを行う、3ヵ月間の留学プログラムを実施。ホームステイをしながら、現地の大学や企業へ通学や通勤をすることで、学んだ英語を実社会で試しながら、実践的な語学力と仕事のスキルを身につけます。インターンシップの派遣先は、ホテルや美術館、イベント企画会社、アパレル関連会社、小・中学校など、さまざまな実績があります。(外国語学部では、英米語学科・中国語学科で実施)

詳しく見る

1.世界の国々を深く理解するための、5つの地域研究「エリアスタディーズ」

世界各国の理解を深めるために、5つのエリア研究を行う「エリアスタディーズ」を開講します。「日本」「アメリカ」「ヨーロッパ」「アジア・オセアニア」「中東・アフリカ」の文化や社会、政治・経済などの地域研究を行い、各国の文化的背景などと語学学習を融合しながら厚みのある学習を行うことが可能になります。

CAREER 想定される進路・めざせる職業

想定される進路
  • 航空
  • 旅行
  • ホテル
  • NGO
  • 国際機関・団体
  • 国際ボランティア
  • マスコミ
  • 商社
  • 外資系企業
  • メーカー
  • 運輸・物流
  • サービス
  • 金融
  • 保険・証券、教育
  • インフラ
  • 行政
  • 大学院進学 など
めざせる職業
  • キャビンアテンダント(CA)
  • グランドスタッフ
  • ツアーコンダクター
  • ツアーアテンダント
  • 海外現地ガイド
  • コンシェルジュ
  • フロントクラーク
  • 通関士
  • 貿易事務
  • 通訳者
  • 翻訳者
  • 通訳案内士
  • 公認会計士
  • 米国公認会計士(CPA)
  • 国家公務員
  • 地方公務員
  • 教員 など

受験生サイトTOPへ

受験生サイトTOPへ

pagetopへ