名古屋外大ならではの教育プログラム [全学部・全学科対象]

学生3人と外国人教員1人で行うALL ENGLISHの“超”少人数授業「PUT(Power-up Tutorial)」全学部・全学科必修

外国語で考え、外国語で発信するための土台づくりに当たる名古屋外大特有の教育システム。

学生3人と外国人教員1人で行う、3対1の“超”少人数授業「PUT」は、ALL ENGLISHの英会話授業。学生からの人気も高い、全学部・全学科対象の教育システムです。その主な目的は、2・3年次の高度な語学力を必要とする講義や、長期の留学に対応するための土台づくりをすること。4年間で積みあげていく語学学習の第1段階に当たる欠くことのできない授業です。

英語を母語とするさまざまな教員による“ALL ENGLISH”の授業!

英語を母語としながらも、さまざまな国籍とバックボーンを持った外国人教員が授業を担当。世界のさまざまな話題を学生に提供することで「英語で考える力」を、お互いの意見をぶつけ合う時間をつくることで「英語で発信する力」を養う機会をつくります。大量の英語を単に「聞く・話す」にとどまらず、英語で「考え、発信する」をトレーニングするALL ENGLISHの授業です。

さまざまな視点や考え方に触れて、国際理解の力を養う。

会話する相手が変わると、さまざまな視点や考え方に触れられます。例えば、外国人教員が用意する題材は、日本のマスコミでは取りあげられなかった出来事であったり、同じ出来事でもまったく違った視点から報道されている記事であったりします。知識だけでなく新しい視点を取り入れ、それぞれの国や人々がどのように考え、何を大切にしているかなど、文化や歴史的背景の理解も深めることができます。

TOPIC

フランス語学科では「英語とフランス語」、中国語学科では「英語と中国語」の“W-PUT”を実施!

フランス語学科・中国語学科では、グローバル化社会での英語の重要性を考えて「英語」を基盤言語とし、1年次に英語での「PUT」を開講していますが、専攻言語である「フランス語」や「中国語」の「PUT」も、基礎固めを終えた2年次より開講。長期留学や3・4年次にフランス語や中国語で行う専門研究に対応できるよう、フランス語や中国語で考え、発信する力を養います。

TOPIC

日本語学科でも「英語PUT」を開講。日本語と英語を駆使できるグローバル人材を育成。

日本語学科では、「日本語」を専攻言語としながらも、グローバル化社会での英語の重要性を考えて、他学科と同様に「英語」を基盤言語に設定。1年次の必修科目として「英語のPUT」を開講し、英語力を高めます。日本語とともに英語を駆使してグローバル化社会で活躍するための教育に力を入れています。

PUT(パワーアップチュートリアル)

外国人留学生とともに学び、グローバルな視点を養う英語開講授業「ジャパンスタディーズ」

グローバル化社会での英語の重要性を考えて英語を基盤言語とし、どの学科でも英語力を一定のレベルに保つために、1年次の必修科目として「英語基幹プログラム」を設置。また、フランス語学科・中国語学科・日本語学科でも英語を専攻とする学科と同レベルの英語授業を行い、大学全体で英語教育の底上げをします。 ※学部により、一部内容が異なります。

英語基幹プログラムの科目(抜粋)

詳しく見る

ALL ENGLISHの“超”少人数授業「PUT(パワーアップチュートリアル)」

学生に人気の高いプログラムのひとつである「PUT(パワーアップチュートリアル)」は、学生3人に対して外国人教員1人で行われる“超”少人数授業。名古屋外大特有の教育システムのひとつであり、「英語基幹プログラム」の導入により、全学部・全学科で、英語での「PUT」を開講します。

欧州などで広く採用されている世界基準のカリキュラム「Core English」

イギリスやオーストラリアなどで、英語を母語としない学生が英語を学ぶ際に利用するカリキュラムのひとつであり、「作文・読解・会話・発音・語彙・文法」のすべてを総合的に磨き、英語の基礎的な力を高める授業です。このカリキュラムは、EUのCEFR※の基準に準拠しているため、海外で学習するのと同じ世界基準のカリキュラムで英語を学ぶことができます。

※ CEFR(Common European Framework of Reference for Languages) : 世界最大の経済圏であるEUにおける言語運用能力の共通規格

留学や就職に必要となる英語力を身につける「TTI(TOEIC・TOEFL・IELTSの対策講座)」

英語圏への留学に必須なTOEFL®の対策が充実。特に、近年注目を浴び、イギリス・カナダ・オーストラリア等への留学に重要視される「IELTS(アイエルツ)」の対策もいち早く進めています。また、就職活動までに英語の実力を高めていくための機会としてTOEIC®の受験を推奨し、そのスコアアップを図る対策講座を1年次から用意しています。

コンピューターを活用してリスニング能力を高める「Listening Comprehension」

コンピューターを活用したCALL※システムを活用し、時間と空間の制約なしに学習が可能。各教材は一度の学習で終了させずに、徐々に難易度の高い課題を与えるように工夫されています。

※ Computer-Assisted Language Learning

「世界一美しい言語」と言われるフランス語は、国連、EU、IOC、FIFAなどの公用言語。

留学生別科では、世界各国から来た外国人留学生が日本語や日本文化を学んでいます(2016年度:196人)。当然、大学内で彼らと交流を持つ機会は数多くありますが、そのひとつが外国人留学生との合同授業です。留学生別科で開講されている授業「ジャパンスタディーズ」は、選択科目として3・4年次に受講が可能。日本の言語・文化・社会・政治・観光・メディア・経済・ビジネスなどをテーマにした全9分野19科目が英語で開講され、まるで留学をしているような環境で進められます。ディスカッションやグループワークを通して、日本の良さを発見したり、客観的に日本をとらえるグローバルな視点を養います。教室での勉強だけではなく、外国人留学生たちと一緒に日本建造物の探索に出かけることもあり、彼らとの密なコミュニケーションもとれることから、留学後に外国語の力を維持したい学生の参加も多数あります。

英語基幹プログラムの科目(抜粋)

詳しく見る

欧米・アジア諸国の代表言語から12言語をラインナップ。複数言語の使い手をめざす「複言語プログラム[PLP]」

今後の多言語・多文化共生の社会において、一人ひとりが環境や状況に応じて複数の言語を使い分ける“複言語”の能力がますます重視されており、その能力を備えた人材の育成が急務です。つまり、世界共通語としての英語はもちろん、ヨーロッパやアジア諸国、南米など、世界の主要エリアで通用する複数の言語を習得することは、広くグローバル化社会で活躍する際の大きな強みとなります。名古屋外大では、複数の外国語を自在に使い分けられるよう、「複言語プログラム」を設置。本人の希望に合わせて複数の外国語を選択することができます。また、“複言語”を学ぶ大きな意義としては、①専攻言語を客観的に見る視点や、②複数の言語習得によって出会えたり深められたりする知識や着眼点の獲得であり、それらは一生ものの教養として将来の糧となると考えています。

就職・留学に必須のTOEIC®・TOEFL®・IELTSのスコアアップを支援する「TOEIC&TOEFL Study Support[TTSS]」

1年次に総合的な英語の基礎力を身につけ、留学を通して語学力や国際感覚を磨き、就職活動までに英語の実力を図る機会としてTOEIC®の受験を推奨。大学での学びとTTSSの講座を通じて、TOEIC®900点の達成をめざします。また、本学の留学プログラム利用時に必要となるTOEFL®・IELTSはTTSSの講義を受講して、各留学プログラムに参加するための基準スコア達成をめざします。

TOEIC&TOEFL Study Support(TTSS)講座の特長

  • ● 全学生を対象に、学期中や長期休暇中など年間を通じて講座を開講。
  • ● 理解度に応じたクラス分けできめ細かく対応。
  • ● 出欠管理や欠席時のフォローも万全。
  • ● 試験を熟知した専門の講師が徹底指導。

受講料・受験料の免除があります。

  • TOEIC対策講座(年3回)、
    TOEFL対策講座(年5回)、
    IELTS(年2回)の受講料を大学が全額負担。
    学生は無料で受講できます。
  • 年3回実施のTOEIC®(IP)テストを無料で受験可能。
  • 年8回実施のTOEFL®(ITP)テストの受験料を一部大学が負担。

※ 上記は予定であり、変更する場合があります。

「世界一美しい言語」と言われるフランス語は、国連、EU、IOC、FIFAなどの公用言語。

世界の多元的な価値観を重視すべく、世界のさまざまな現状・現象・事実について知識と教養を深めることのできる「世界教養プログラム」。世界教養学科においては、「導入科目」「基盤科目」「応用科目」を履修。それ以外の全学科においては「導入科目」及び「応用科目」を履修します。

導入科目

「導入科目」では、続く「基盤科目(世界教養学科)」や「応用科目」で学ぶさまざまな「教養」を吸収するための土台づくりを目的とします。具体的には、現代世界を理解するための基礎知識を習得した後、日本の政治や文化にかかわる基礎知識を習得し、グローバル化時代に日本が抱える諸問題について理解を深めます。つまり、「世界を理解し、日本を見つめ直す方法」を学ぶ科目です。

基盤科目(対象:世界教養学科)

世界教養学科で開講される「基盤科目」では、「世界の文学と文化」「世界の美術と音楽」「世界の民族と宗教」「世界の政治と経済」の4科目をオムニバス方式の講義で展開。文学・芸術・宗教・政治の分野を世界包括的に学び、その後の発展的学習に備えます。つまり、「応用科目」を履修する前に、学生が興味・関心の方向性を発見して、今後身につけていくさまざまな教養の“基盤”となる授業を展開します。

応用科目

「応用科目」については、世界で活躍する人材に欠かせない「人文」「学際」「社会」の3つの分野に対し、4つのクラスターにそれぞれ5〜6つのテーマ(科目)を選定。そのため、学生個々の関心に合わせて系統立てて学ぶことができます。各学科においては、その中から、その専攻や専門コース、ゼミナールと関連させて、世界教養プログラムを活用できるようなモデルケースを考案。テーマ選択のサポートをします。また、「応用科目」では、約3分の1を英語開講授業とし、教養と同時に英語力も高めます。

※学科により、選択できるテーマ(科目)が異なります。

国際感覚豊かな教員として、将来の教育界で大いに活躍できる人材を輩出する「教職課程」

変化の激しい社会にあって、教員に対する要請には厳しいものがありますが、教職には計り知れない大きな魅力があるのもまた事実。名古屋外大の特色を最大限に活かした質の高い教員の養成を目的とした教職課程を設置し、全学部全学科で教育職員免許が取得できるカリキュラムを整えています。さらに、教員採用試験のための対策講座では、一般教養・教職教養・論作文対策など多彩な講座を設置し、実践的な授業により教員採用試験合格をめざします。

取得できる教育職員免許状の種類

各学科で専攻言語、専攻分野に関する教育職員免許状を取得することができます。

詳しく見る

学部・学科 免許状の種類

小学校教員免許を取得できるプログラム※(外国語学部・現代国際学部対応)を設置。

名古屋外大では、新学習指導要領に基づき、2011年度から小学校高学年で実施されている「外国語活動」に対応するため、小学校教員免許を取得できるプログラムを導入しています。これは、聖徳大学(千葉県)の通信教育課程を利用するもので、所定の科目・単位を修得することにより、中学校・高等学校の教員免許と同時に小学校の教員免許も取得できます。

※プログラム履修にあたっては、学内および聖徳大学による選考があります。提携校の学費等費用が別途必要となります。

教員採用試験対策講座

約10ヵ月間にわたる対策講座の受講で、採用試験合格を引き寄せる。

教員採用試験を構成している「教養試験(一般教養・教職教養)」や「論作文試験」、「人物試験」の対策を強化した教員採用試験対策講座を設置。約10ヵ月間という実施期間のみならず、過去問題研究や模試なども取り入れた実践的な内容で充実度の高いものとなっています。そのほか、試験対策に精通した専門講師が指導を行うため、より具体的な勉強法が学べるほか、試験の最新動向に関する情報も得られます。

一般教養試験対策
国語、英語、日本史、世界史、地理、政治経済、数学、理科
教職教養試験対策
教育原理、教育法規、教育心理、教育史、教育時事
論作文試験対策
総論、執筆、講評
人物試験対策
総論、自己分析指導、グループ討議

※ 講座の受講料や模試の受験料の補助制度あり。

教員採用試験合格者実績

2016年度は61人が教職に。

着実に合格実績を伸ばしている本学の教員採用ですが、2015年度も公立の中学校・高等学校を中心に50人以上が教職に就きました。近年では、小学校や特別支援学校にも進路を拡大しています。なかでも、英語教育学科(2008年度開設)の4期生の合格率は過去最高となりました。学生の真摯な取り組みの成果が良好な結果につながっているといえます。

教科 合格者数

※過年度の卒業生および講師としての採用を含む

受験生サイトTOPへ

受験生サイトTOPへ

pagetopへ