名古屋外大で定員数が最も多く、外国語教育の柱として設置されている「英米語学科」。この度、英語文化圏の文化・文学・社会などを学ぶ「英米語専攻」と英語を用いたコミュニケーションを学問として学ぶ「英語コミュニケーション専攻」に加え、英語力、授業力とともに総合的な人間力を備えた教員を養成する「英語教育専攻」を設置します。学科として「世界に通じる英語教育、教養教育、コミュニケーション教育、人間教育」をさらに徹底させる教育方針を掲げ、高度なSpeaking・Listening・Reading・Writingの4技能運用能力のさらなる向上という英米語学科共通の目標をめざして、学生の志向において専攻を選択することができる体制を整えました。

多文化共生や少子高齢化がますます進み、新たな時代を迎える日本では、世界の知見を日本に持ち帰ることができるグローバルな人材を世界に輩出するとともに、多くの外国人を日本へ呼び込むといった流動的でダイナミックなプロセスが必要となります。「世界教養学部」では、そのプロセスの実現に向けて“新世代のグローバル人材”の育成を理念に掲げ、「世界教養学科」と「国際日本学科」の2学科を設置。世界教養学科は軸足を“世界”に、国際日本学科は軸足を“日本”に置きながら、世界と日本を複眼的に学び、世界の知見を日本に還元、日本の魅力を世界に発信できる人材を育成します。

受験生サイトTOPへ

受験生サイトTOPへ

pagetopへ