グローバルコミュニケーションの外国語学部へ SCHOOL OF FOREIGN LANGUAGES

国や世代を超えて通用するグローカル人材の育成をめざす「世界教養学部」誕生!

日本はこれから、国内の多文化共生や少子高齢化がますます進み、新たな時代を迎えていきます。そして、その時代を乗り越えていくためには、世界の知見を日本に持ち帰れるグローバルな人材を世界に送り出すとともに、多くの外国人を日本へ呼び込むといった流動的でダイナミックなプロセスが日本には必要です。「世界教養学部」では、そのプロセスの実現に向けて“新世代のグローバル人材”の育成を理念に掲げ、「世界教養学科」と「国際日本学科」の2学科を設置。世界教養学科は軸足を“世界”に、国際日本学科は軸足を“日本”に置きながら、世界と日本を双方向に学び、世界の知見を日本に還元、日本の魅力を世界に発信できる人材を育成します。すなわち、世界教養学部では、外国語(「英語」や複数の言語)と日本語の双方に高い運用能力を身につける学びを根底としながら、グローカル(グローバル+ローカル)な教養と専門的知識を備える学びを展開していきます。

「世界教養学科 」「国際日本学科 」の2学科を設置予定

世界教養学科では、「英語」及び11言語からなる「複言語」の高い運用能力と、“世界”に軸足を置きながら、日本を含めた世界諸地域の文化・社会などに関する幅広い教養を身につけます。また、国際感覚や批判的思考力、人間性を磨いて、世界と地域社会の人々との交流の 促進や平和的発展に貢献できる力を備えます。

国際日本学科では、「日本語」及び「英語」の高い運用能力と、“日本”に軸足を置きながら、日本と世界に関する豊かな教養と日本に関する専門的知識を身につけます。また、他者に対する共感力やプレゼンテーション能力、対話力を磨いて、日本の魅力を世界に発信したり、日本と世界の平和的共生に貢献できる力を備えます。

キャリア教育を意識した学部独自の特別プログラムを構想中!

世界教養学部ではキャリア教育の一環として各自の就業力を養成するさまざまな特別プログラムを構想中。例えば外務省専門員の育成を目標とする「在外公館派遣プログラム」など、学生の将来を見据えて企画・実施予定です。

  • 「在外公館派遣プログラム」
  • 「国際交流・報道スペシャリスト」
  • 「地域創生人材育成プログラム」

受験生サイトTOPへ

受験生サイトTOPへ

pagetopへ